2010年2月28日日曜日

前作 “匣中のサンプル”

スガイです。
今回は“武闘マカブル”を作ることになった経緯についてお話させていただきます。

我々M3企画にとって“武闘マカブル”は第二作目の特撮映像作品です。
第一作目のタイトルは“匣中のサンプル”(ハコノナカノサンプル)。
全感覚没入型オンラインゲームをプレイする人間たちを特撮という形で描いた作品であり、仮面はFRP、スーツはウレタンボードを用いて制作しました。
しかし、完成したスーツは接合部分の甘さや塗装面での未熟さが目立ち、練習不足でアクションシーンの迫力が足りないなど、反省点や改善点が多く残りました。
それらを反省点のままにせず、その経験を生かし、次のステップに進むべく立ち上げた企画が今作、“武闘マカブル”だと言えます。
そのため、今作は造形とアクションに重きを置いたものにしたいと考えています。

flickrにて“匣中のサンプル”制作時の写真をアップしております。
よろしければこちらも目を通していただけると幸いです。
http://www.flickr.com/photos/nabkov/sets/72157623376016009/

0 件のコメント:

コメントを投稿