2010年4月29日木曜日

4/28 制作会議~多摩美~

今晩は、プロデューサーの山元です。

今日は 4時半からの造形作業は
十三のマスクは 班長コダマさんが担当し、
モブの粘土造形マスクは 一年生の赤堀クンが担当してくださいました。

モブマスク造形は、だいぶ完成形が見えてまいりました。


その後は、監督のタカヤマさんと
プロデューサーの須貝さんが来ていただき 制作会議を行いました。

その後、新たに映画制作を手伝っていただける 上村さんとお話をいたしました。


シナリオなど 様々な制作状況も進んでおりますので、
乞うご期待です。

2010年4月27日火曜日

4/27 制作日記~十三編~

今晩は プロデューサーのヤマモトです。

本日も 多摩美術大学での作業でした。



児玉クンは十三のマスクを仕上げる作業と
山元は モブのマスクの粘土作業を行いました。


鳥山明風

2010年4月26日月曜日

4/26 今日の制作状況~十三編~

今晩は プロデューサーのヤマモトです。

今日も 多摩美術大学の工作スタジオで 造形マスク制作を行いました。


造形班長 児玉さんは、十三のマスクのヤスリ掛け作業を、
一年生の中山さん、西園さん、出島クンには モブ(蒸気衆)の粘土マスク造形を行っていただきました。

いつもこの制作日記を見ていただきありがとうございます。
明日からは、特撮スーツのアーマー造形の制作に取り掛かる予定でおりますので、
よろしければ、多摩美術大学 工作スタジオにて 4時30分から作業に是非いらしてみてください。

2010年4月25日日曜日

4/25 勧誘宣伝DAY

おはようございます プロデューサーのヤマモトです。

昨日のこととなってしまいましたが、制作状況です。

25日は題名にある通り 勧誘および宣伝の日となりました。

まず 大久保 賢一先生の映像表現史の授業終わりでの 告知をさせていただきました。
これは 前作の『匣中のサンプル』でご協力いただいた 御縁からのお願いでありましたが、
宣伝の許可をいただき、大久保先生 誠にありがとうございました。

そして この日は 多摩美術大学の毎年恒例の新入生歓迎会で人がたくさん集まるのでそこでの勧誘を、
マカブル制作メンバー総出で 声かけとチラシ配りの勧誘をいたしました。

前作のマスク型を持って行ったかいか、結構な方が興味を示してくださって
こちらとしても 何か手答えを感じました。

さて、引き続き 『武闘マカブル』では、制作メンバーを募っています。
特撮に興味のある方、特撮スーツの造形を作ってみたい方、
何の経験の無い方でも、一からお教えいたします。

普段は、多摩美術大学の工作スタジオで制作しております。
平日は、5時から、3限目の授業の6時前までの活動
放課後は 9時10分の授業終わりから造形制作作業をしております。

よろしければ 皆様、いらしてみてください。

詳しい 連絡先は↓

project.m.cubic@gmail.com

まで お願いいたします。

2010年4月24日土曜日

4/23 今日の制作~十三編~

今晩は プロデューサーのヤマモトです。

今日も多摩美での作業状況の報告です。


本日は プロデューサーの須貝さん 徳永さん、
小次郎作業班長のタイヨウさん、十三作業班長の児玉クン
一年生の中山さん、原さんでの 制作作業を行いました。

昨日の続きの モブ造形(蒸気衆)の粘土造形作りの作業を中山さん 原さんが作業にあたりました。

造形班長はは リューター(削る器具)が調子が悪く修理作業…
結局 調子が良くならず、修理に・・・

プロデューサー陣は 明日の新入生歓迎会での どのような勧誘にするかの会議

そして、明日配るチラシ修正も終わり あとは100枚刷るダケです。

さて 明日の勧誘では 頑張って勧誘したいです(^。^)b

2010年4月22日木曜日

4/22 制作日記~十三編~

今晩は プロデューサーのヤマモトです。
今日も 書かせていただきます。

今日の工作スタジオでの作業は 作業班長の児玉さんと
一年生の中山さん 赤堀クンで モブのマスク制作を行いました。



まず 第一段階として岡部さんの石工の顔に 粘土をつける作業をしました。

2010年4月21日水曜日

4/21 制作日記~十三編~

今晩は プロデューサーのヤマモトです。

今日は作業班 児玉クンと駒込の監督の自宅に作業道具を取りに行きました。

大荷物での 大学まで電車での移動でした。

そこから 大学の工作スタジオでの作業に入りました。


そして 今日は昨日見学しに来ていただいた 一年生の方が来てくれて、
児玉クンの指示の元、特撮マスク作業をしてくれました。


また 人数が増えた中での作業は新鮮な空気感でした。

今日 来てくれた 中山さん 原さん 林君 お疲れ様でした。
そして 児玉クンも 指導お疲れ様でした。

2010年4月20日火曜日

4/20 制作進行状況~十三編~

今晩は プロデューサーのヤマモトです。

今日も 十三の担当の児玉さんの仕事の様子を書かせていただきます。



今日も ルーターで造形の微修正をする作業を行いました。

それと 今日は、大学の新一年生の学生さん達が 見学に来てくださいました。
見学しに来てくださった皆様 ありがとうございました。

引き続き 宣伝活動他、造形班メンバーの募集をしていきますので 宜しくお願いします。

2010年4月19日月曜日

制作進行状況~十三編~

今晩は プロデューサーのヤマモトです。

十三のライフマスクの制作班長の児玉さんの制作状況です。
只今 多摩美術大学の工作スタジオにて 毎日 マスク制作をしております。


作業内容は パテで溝を埋め、 ルーターで表面を削り 表面を滑らかにしています。
特撮マスク下地作りも佳境に入ってまいりました。
制作人員集めも 随時募集しておりますので 宜しくお願いします。

2010年4月15日木曜日

4/10 FRP成型2


どうも、今回の更新はトクナガです。
桜の季節も雨やら、晴れやらの天気で安定しないために
あまり、楽しめてない方も多いのかも。

まぁそんな事は置いておきまして
今回はFRP成型の第二回目であります。

今回の目的は
FRP成型を完成させて、持ち運びができるような形に持っていくこと

前回のFRP成型では、持ち運ぶまではいきませんでしたので・・・

作業は順調に進み、(技術的なことは不勉強のため他のPに任せます)
上の写真のように完成をみました。

ただ、今回の作業で一つだけ問題があったのです。

それは作業をしている人と、それ以外の人の人数が
作業をしている人のほうが、少なかったのです。

作業者     3名
見学      2名
役者      1名
P陣       2名
総監修     1名

3対6の比率なわけです。
まさに倍、作業をしている人の倍って・・・・

効率を考えたらもう少し、作業員だけを増やしたり
手伝ったりできたのかもしれませんが
そこは、変に手伝うのはやめて完全分業制を引いてる「武闘マカブル」

ただ、作業している側からすると、お前らも見てないで何か手伝えるだろ?
と思っていたはずです。(悪い意味ではなく、当然のことです)

今後の課題としてこの問題は深く胸に刻みます。

ごめんなさい、作業班のみなさん
でも、今回の出来はみなさんの成果があってです。
感謝しております。




2010年4月8日木曜日

造形班 人員募集

おはようございます。スガイです。
今日はこの場を借りて、募集をさせてください。

現在、我々M3企画は特撮映像作品『武闘マカブル』制作のため、日々活動しています。
ですが、現在その要となる造形班はコダマ氏、タイヨウ氏のニ名のみです。
仮面を制作するまではよいのですが、スーツ、武器と段階が進むにつれ、二人ではとてもカバーしきれません。
そのため、造形班の人員を募集しています。

活動場所は都内です。誠に申し訳ないのですが、構成メンバーがほとんど学生のため、報酬はお支払いできません。ご了承ください。
経験の有無は基本的に問いません。仮面ライダー、ウルトラマンなどの特撮が好きな方、スーツや武器などの造形に興味のある方、造形系コスプレイヤーの方、我々の活動に少しでも興味を持たれた方、是非ともご一報ください。我々と一緒に、特撮やりましょう!

2010年4月7日水曜日

4/2~3 FRP型制作レポート

4/2日14:00 某所 私スガイはレンタカー屋さんの前に。

FRP型制作に必要な粘土型を作業場へと運ぶため、私と造形班タイヨウ氏はレンタカーを借り、コダマ氏の家に向け出発しました。電車で運べないの?と思われる方もいるかもしれませんが、粘土型の中身は石膏100%。その重量たるや、ちょっとした筋トレができるほどです。そのくせ脆い。落として壊れたら、造形班二人の半月に及ぶ作業が水の泡になるわけです。
というわけで、某所を出発。コダマ氏の家につくまで、言うに3時間かかりました。道が混んでいたんです。コダマ氏と十三の粘土型をピックアップし、今度は作業場へと出発。これに2時間かかります。
その日使う不飽和ポリエステル樹脂(FRP)、アセトン、石膏、ハケなどの買出しも終え、ようやく作業場へと到着します。
ちょうどお腹もすく頃です。では晩御飯どこにしようか。近くにネパール人の方が運営していらっしゃるカレー屋さんがあるとか。いいね、そこにしよう。カレー屋さんへと足を運ぶ一向。ネパールのカレーはナンではなく、ご飯、特にインディカ米で食べるのが主流だそうで、各自カレーとご飯を注文。
辛い。いや、辛い。猶予をまったくくれない、入れた瞬間口いっぱいに広がる辛さ。美味しいけど辛い。食べたいんだけど辛い。泣く者も数名。

お腹も満たされ、早速作業開始。
今回の作業工程はというと、
粘土型手直し→石膏で型取り→石膏を剥がす→石膏にFRPを4層塗る→FRPを乾かす→表面の石膏を壊し、FRP型を取り出す→FRP型の手直し
といった感じでしょうか。文字だけでは何となくやれそうな気がしますね。しかしこの作業、一通り終わらせるのに36時間かかりました。石膏やFRPは元が液体ですので、当然乾かす時間が必要なわけです。そしてまた、アクシデントが尽きない作業でもあります。
まず石膏での型取り。これはあとで剥がしやすいよう、中心線に沿って鉄板を挟むのですが、何故か石膏が抜けない。引っ張れど、押せど、粘土から石膏が離れない。十三の石膏型を外すのに、30分はかかりました。写真はなんとか引っこ抜こうと頑張るコダマ氏とサトウ氏。


小次郎の方はというと、キレイにスポっと抜けたのですが、石膏が発する熱で中の粘土が溶け、表面についてしまう、というアクシデント。これを丁寧に取るのにまた30分近くかかりました。


次にFRPを4層塗るという作業。FRP、不飽和ポリエステル樹脂は硬化剤を入れることで固まります。このFRPと硬化剤の比率が極めて重要で、多すぎれば熱が発生して大変なことに、少なすぎると固まらなくて大変なことに、という事態が発生します。また、液体ですから、垂れます。重力に逆らえず、垂れてしまうため、分厚さに差が出てしまうのです。当然薄くなってしまったところは加工がしづらく、今後の作業の障害となります。これをどのようにして解決していくかが、今後の課題ですね。


ちなみに、表面に見えるモフモフはガラスファイバーです。これを混ぜ込むことで、より硬くなります。

これが硬化すると、表面の石膏を破壊してFRPのみを取り出す作業が待っています。
ノミを使って石膏を削って行くのですが、この作業、中々当たり外れが大きいのです。FRPを塗る際、あとで剥がしやすいよう、石膏の表面にワックスを塗ります。これがしっかり塗れているか、FRPがしっかり硬化しているか、FRPと硬化剤の割合が正しいか、などの様々な要素でこの作業の大変さが決まるわけです。十三の後頭部はすぐ石膏が剥がれてくれました。が、残りはそうも行きません。コダマ氏、タイヨウ氏が念入りに、慎重に、石膏を削ってようやくFRP型が姿を現しました。


そんなこんなで、なんとか二つともFRP型をある程度完成させることができました。あとは余計な部分を除去し、弱そうな部分を補強し、完全な仮面の形にする作業が残っています。時間の関係で、そちらの作業はまだ完了していません。そちらも、作業が終わり次第アップしていきます。
36時間に及ぶ重労働、みなさん本当にお疲れ様でした。



写真は硬化待ちの皆さん。
モンハンです。こういう面でも真剣にやってます。

2010年4月5日月曜日

"鬼":小次郎 経過報告 

4月なのになんか寒さが抜けないですね。スガイPです。
前回の十三に引き続き、今回はそのライバル、小次郎の制作経過報告です。





小次郎の設定は異形の存在"鬼"。言ってしまえば怪人です。
普段は人間の姿をしていますが、精神的な昂り、あるいは防衛本能によってその姿を異形へと変化させます。この仮面は完全に変化しきった状態の彼。本気モードです。まだついていないですが、さらに角が付きます。そちらはデザイン画が上がり次第、お披露目させていただきます。
ちなみに、制作担当は造形班タイヨウ氏。デザインの勉強をされているだけあって、線の描き方が非常に上手です。コダマ氏の十三と比べて見ると、彼らの粘土型の作り方に違いがあることがよくわかります。おもしろいですね。十三に比べ、曲線が非常に多い小次郎、中々苦労されたようです。

先日二体の粘土型をベースにFRP型を制作しました。まだ完成ではありませんが、その時のレポートも追ってアップしたいと思います。

2010年4月1日木曜日

十三 粘土型経過報告

こんにちわ、スガイです。とうとう4月になってしまいました。
前記事で強化人間 十三のデザイン画完成をお伝えしました。今回はその仮面制作の経過報告です。
以前にとったサトウ氏のライフマスクをベースに粘土を盛っています。






作っているのは造形班 コダマ氏。ここまでの作業が大体半月です。頑張ってくれました。
次の工程は、表面を石膏で固め、ポリエステル樹脂で型をとります。硬化した型を手直しし、今度はシリコンで再度型を取って、完全な型の完成です。そしてそれにまた樹脂を流しこんで…と、繰り返しの多い苦しい作業。しかし、同時に達成感の大きい作業でもあります。
正直、仮面の形ができただけでも泣いてしまいそうです。嘘です。4月1日なので許してください。

次の記事では造形班 タイヨウ氏が製作中の粘土型を紹介させていただこうと思っています。
強化人間 十三の相手となる、"鬼" の仮面です。そちらについても詳しくは次の記事で、ということで。
では、失礼します。